人生の折り返し地点を過ぎた太鼓叩きの日々


by cheiici

カテゴリ:純米酒( 4 )

寿が一番に満るところ

また今年も静岡の老舗酒造場が蔵を閉じることになった。

静岡市葵区山崎の「満寿一」さん。

今年の3月末で廃業されるそうだ。


吟醸を除く純米酒を好むわたくしとしてはあまり多く飲ませていただいていたわけではないが、長い歴史のある酒蔵がそれも地元で無くなってしまうのは寂しい。
特に満寿一さんは「喜久酔」さん「国香」さんと並んで、近代静岡地酒を救ったHD-1酵母を今も使う蔵元であって、感慨もひとしおである。

現社長は最後の「志太杜氏」でもあった。
かつて冷蔵庫の無い時代、暖かい気候の静岡で酒を造る技術を確立した「志太杜氏」は全国でも稀な職人集団だったのだ。

a0247266_15173647.jpg


満寿一さんの純米ラインナップは「純米吟醸」と「純米大吟醸」で、それ以外は本醸造、吟醸系ともアル添酒。

純米吟醸「満寿一」はやや甘めに感じるけれども濃厚なコクとやさしさが共存している。

そして本醸造「満寿一」は、本醸造としては傑出した出来だと思う。
純米系の旨さを引き継いで綺麗な甘み、酸味が食べ物を引き立てる。
静岡の本醸造では「磯自慢」と並ぶ銘酒に違いない。

a0247266_15242353.jpg


かつて関西の酒が旨い!というのが主流であった大正時代から、全国鑑評会で金賞を受賞した歴史をもつ蔵を閉じるのは社長の苦渋の決断だったと思う。
大きな理由は昨年末に息子さんを亡くし後継者がいなくなったことだ。
自分よりも先に息子を亡くしてしまう悲しさは想像を絶する。同時に先祖から引き継いだ家業を辞めることになるのはどれほど辛いことだろう。

事務所でお話させていただいた寡黙な社長と、昨年お見かけしたときよりも大分やつれてしまった奥さん。気丈に明るく今後や経緯についてお話くださるお嫁さん、帰り際に「ありがとうございました!」と元気に挨拶してくれた小学生の息子さんの姿が頭から離れない。
[PR]
by cheiici | 2012-03-25 15:40 | 純米酒

小夜衣 地酒工房

正月用はコレ!

a0247266_1953343.jpg


静岡県菊川市 「森本酒造」 純米工房65


ああ、何故かホワイトバランスがおかしい・・・。


以前飲んで旨い旨いと言っていたら、わざわざ買ってきてくださった方がいて感謝です。

森本酒造さんのは何飲んでも旨いです。

ま、社長が酒飲みだから当然でしょう(笑)

真面目な話、酒飲めない酒造場の社長って結構いるんですよ。体質もあるから仕方ないんでしょうが。


精米歩合65はかなり荒いと思いがちですが、ここのは口当たり最高!ほのかに米の香りがまた良い。(糠の香りか?笑)
味も香りもしっかりしてて飲み飽きない。純米酒の醍醐味がありますよ。

静岡中、西部ではレア度は低め。

450石ぐらいでも一生懸命営業しているのと味が認められているのでしょう。



ではよいお年を~。
[PR]
by cheiici | 2011-12-31 19:52 | 純米酒

千寿

静岡県磐田市 千寿酒造(株)  「特別純米 千寿」

a0247266_12435827.jpg


もうね、静岡県内の純米酒ではこれが一番好きかもしれない。

今年はもう何本目飲んだかなぁ。

旨い酒っていうのは飲み飽きしないものですな。


これ、磐田産有機栽培五百万石100%使用。

もちろん飲んだだけで有機栽培の米かどうかなんてわからないんだけど。

とっても品のある味で女性にもお勧めしたい。


こういう酒を造る杜氏って本当に酒が好きなんだろうなぁと思うわけです。



でもこの酒も静岡市あたりでは入手困難。
県内東部ではまずお目にかかれない。
う~む。
[PR]
by cheiici | 2011-12-30 12:47 | 純米酒

出世城

静岡県浜松市 「浜松酒造」

a0247266_16234199.jpg


特別純米 山田錦 精米歩合60%


香り少な目、味は芳醇なのにすいすいと飲めて飲み飽きしない。

ここは女性杜氏だとか・・・すごい。



この酒、前から大好きで見かけると買うようにしているのだけれど、

静岡でも西部地方でしか売っていないんだよな。

同じ浜松でも「花の舞」なんかはあちこちにあるのにな。

だから「出世城」は静岡中、東部の酒飲みでも知らない人多いんだ。

もったいないもったいない。
[PR]
by cheiici | 2011-12-29 16:26 | 純米酒